車査定は高く売れる時期を狙う

高く売れる時期を狙え!

中古車を売るのに車査定を行う場合、そのタイミングによっては買取価格も変わってきます。車の買取価格というものは日々変動しており、タイミングを逃すとその買取額が大きく変わることもあります。それでしたら中古車が高く売れる時期を狙って車査定を行うと効率のよい車買取が行えることでしょう。

 

ではそのタイミングというのはどの時期が一番車が高く売れるのかと言うと、中古車が最も流通する年度末の3月であり、中古車の価格が一年の中で一番高くなるのも3月頃だと言われています。これは一般の購入者が中古車を買う時の価格が上がるということではなく、中古車販売店が中古車を仕入れする際の、業者オークションの流通価格が上がるということです。

 

このことから年度末以前の2月頃は中古車販売業者が最も中古車を買取りたい時期であり、車を売る側にとっては高く売れるのもこのあたりであるので、車査定を受けるならこのタイミングよりももう少し前のあたりで受けてみると、中古車が高価買取してもらえるかも知れません。
中古車オークションの落札額が高くなる時は、中古車買取の買取価格も高くなります。

 

企業の決算期は3月と9月が多く、入社や入学、転勤などで人の移動が多くなる2月から4月の期間というのは車を購入する人が増えます。この期間では中古車の落札価格も高くなり需要も増えるので、やはり季節で言うと春の時期が車の需要が高いということになります。そこで最適なタイミングは春の前に車査定を行うのが一番だと言えるでしょう。

 

 

 

>>当サイトのおススメ!一括車査定ランキングはこちら<<