国外で人気のある日本車

国外で人気のある日本車

車の「一括査定」サービスが車を高く買い取る理由の一つに、中古車の国外輸出が関係しています。昨今ますます国外での日本車の人気は上がっており、業者としてもありとあらゆる中古車を求めているのが実状です。

 

もともと日本と国外では、車に求める内容が大きく異なります。どのように違うのか、対比してみましょう。

 

(日本国内)査定や人気の目安

・走行距離は5万キロ10万キロが一つの目安となる傾向がある
・年式は3年 5年(車検時) 10年落ちが目安の一つ
・修復履歴
・事故歴
・日本国内で人気があるモデルやカラー Etc.

 

(国外)上記に対する車事情

・そもそも車で走る距離が桁違いに多いため、走行距離が20万キロ以上はザラなケースも
・車検制度の年数や費用も全く異なる(概ね日本より割安)、車検自体が無い国もある
機能として車を必要としているケースも多い、モデルチェンジのサイクルも異なる。
・修復という観点が異なる(バンパーやベルト・モーター類は消耗品と捉えている)
・元来、日本車が人気なため、可能な限り修復しようとする、修復不可でも部品は高値で取引される。
・国内と国外では「色」に関する感覚が大きく異なる。
例)国内で人気の「白」は多くの国では「白=ゴースト」と捉える傾向も… 
また一部の国では「白」は未完成の扱いとなり税金が安くなる場合もある。

 

アメリカの大手マーケティングリサーチ会社の調査によると、調査したすべての国において「日本車は世界中の車の中で、最も信頼できる」との調査報告が出されていいます。

 

日本車オーナーのあなた、もっと愛車の価値に自信を持って下さい!!

 

 

>>当サイトのおススメ!一括車査定ランキングはこちら<<