車査定の必要書類

買取の査定や売却の際に必要となる書類

車の買取査定を依頼する場合や売却をする場合、さまざまな書類が必要になります。
書類の準備が整っていなければ正確な査定金額を出すことが出来なかったり、売却の手続きを行うことが出来ないことがあります。
当日になって書類が不足していることが分かるというようなことがないように、事前にしっかりと必要な書類を確認して準備をしておいて下さい。

 

ここでは、買取査定時と売却時に必要な書類をご紹介しておきますので、書類準備をする際に参考にしてみて頂ければと思います。

 

自動車検査証

自動車検査証は、車が自動車保安基準をクリアしていることを証明するための大事な書類です。
車を運転する際にこの自動車検査証は必ず携帯をしなければならないので、車内に保管をされている方がほとんどだと思います。
ただ、普段自動車検査証を見ることがないので、買取査定を行う際や売却を行う際には、事前に自動車検査証があるかどうか確認をしておくようにしましょう。
万が一紛失をしてしまっていた場合は、運輸支局に行って再発行をしてもらって下さい。

 

自動車損害賠償責任保険証

車を所有する際に必ず加入が義務付けられている自賠責保険ですが、この自賠責保険の加入を証明するものが自動車損害賠償責任保険証です。
これも自動車検査証と同様に運転時には携帯をしておくことが義務付けられています。
大半の方は、自動車検査証とセットにして車内に保管をされているのですが、これも普段はほとんど見る機会がない書類になります。
ですので、買取査定や売却を行う際には、事前に書類がきちんとあるか確認をしておいて下さい。
万が一紛失をした場合は、加入業務を行っている保険会社に再発行を依頼して下さい。

 

自動車税納税証明書

1年に1回自動車を所有していると納めなければならない自動車税ですが、この自動車税を納税したことを証明する書類のことを自動車税納税証明書と言います。
車検時にも必要であることから、きちんと保管をされている方が多いと思いますが、自動車税納税証明書がなければ査定・売却の手続きが出来ませんので、事前に確認をしておくようにしましょう。
紛失をした場合は、自動車税管理事務所や都道府県の税事務所に再発行を依頼して下さい。

 

実印と印鑑証明書

実印とは、印鑑証明で登録をしている印鑑のことです。
印鑑証明で登録されている印鑑は、個人を証明する手段の1つになり、ローン契約や自動車・住宅の購入の際に必要となります。
売却時にも必要になりますので、準備をきちんとしておいて下さい。
日常でなかなか使うことがないという方は、実印と思っているものが印鑑証明に登録をしているものに間違いがないか確認をしておいた方がいいでしょう。
また、実印であることを証明する印鑑証明書という書類も併せて準備をしておかなければなりません。
この書類は、印鑑登録の手続きを行った自治体の窓口で発行をしてもらうことが出来ます。
印鑑証明書は3ヶ月以内に発行をされたものでしか有効となりませんので、事前に準備をしておく際には注意をするようにして下さい。

 

リサイクル券

リサイクル券というのは、は、2008年1月31日までに車検や中古新規登録、構造等変更検査を行った車であれば、必ず発券してあるものです。
廃車時にリサイクル券が必要になることから、売却時には必ず用意をしておく必要があります。
紛失してしまった場合、「自動車リサイクルシステム」のサイトより再発行が可能となっています。
再発行を行う場合は、自動車検査証が必要になりますので注意をして下さい。