自動車の評価

自動車の評価を上げる方法

愛車を売却するとき査定額を25万円以上あげる方法があるとしいたら、だれでも知りたいと思いませんか?
でも何も知らないばかりに、車を乗り換える時にカーディーラーなどで営業マンに言われるままに「下取り」に出してしまい、ろくな価格交渉もせずに売ってしまう方って本当に多いんです。
これではあまりもったいない…。

 

車の査定にはいくつかの基準が存在し、それをあらかじめ意識して査定をうけるだけでも、車の評価額は大幅に変わります。なにも大幅にお金をかける必要はありません、査定を受ける前の週の週末などお仕事がお休みの日に愛車にひと手間をかけるだけのこと。
長年お世話になった愛車に、感謝する意味でも是非とも参考にしてください。

 

愛車の買取価格を高くする秘訣

複数の車買取専門業者に一括査定して価格を比べる

まずは愛車と同じグレードの車種を一番欲しがっている業者を探し出すことです。
もともとアナタの愛車の車種を欲しがっていない業者であれば、査定のベース価格は低いものにならざるを得ません。そんな業者にどんなに査定のテクニックを駆使しても、査定額の上昇幅はわずかなものにとどまります…。
当然ですが、車買取業者によって車の流通経路や販路は違います。
つまり業者によって、欲しい車は異なるということです。
アナタの愛車を買取業者が欲しがっているかどうかは、査定価格に反映されますので、
より多くの業者に一括して査定を申し込む必要があるわけですね。
車の一括査定は、もちろん無料です。
高く賢く車を売るために、車の一括査定を活用しましょう。

 

できれば純正パーツに

車は車両メーカーの設計技術者が、デザイン・機能性・性能向上などを意識して設計して作り出された工業製品です。ですから査定の基準もメーカーの工場から出てきたそのままの形を一つの基準においています。もちろんアナタが後で装着したメーカー純正でないアフターパーツも評価の対象となることもありますが、アフターパーツは趣向性が強いため査定に有利働くかどうかは不透明です。
少しでも査定価格を高くしたいのなら、純正パーツに戻すことをおススメします。
査定時は純正パーツに戻した上で、社外アフターパーツを持っていることを伝えるようにしましょう。思わず高い査定を受けることが出来るかもしれません。

 

できれば小さなキズは修理しておく

車の査定は、ボディー回りである外装とエンジンや駆動系である機関部とに分かれて評価されます。エンジンや駆動系の修理は整備の心得がある一部の方を除いて、通常は手の施しようがないと思います。ボディー周りも、大きなキズであればプロに依頼しなければなりませんが、小さなキズであれば自分で対処することができるはずです。
車の査定はポイント制になっており、メーカーの工場から出荷された状態を満点とし、そこからキズなどのマイナス要因を発見するたびに、減点していく形態となっています。
お金をかけて大きなキズを修復する必要はありませんが、自分で出来る修復は可能な限り行うようにしましょう。

 

キレイな車で査定をアップ

「汚いよりもキレイな方が良い」これは万人の感覚だと思います。
これは車も同様です。汚い車よりもキレイな車の方が当然、査定の評価が高まります。
愛車を売ることを決意したのなら、最低でも一か月前から車内での飲食や喫煙は控え、可能な限り車内の空気の入れ替えを行いましょう。タバコを吸われる方は、あまり気にならないかもしれませんが、吸わない人にはタバコの臭いはひどく気になるものです。
また掃除も通り一辺倒なものでなく、掃除機や粘着クリーナー(通称:コロコロ)などを使って徹底的に行うようにしましょう。この掃除は査定評価を上げる最大のポイントで5~10万円もの差になって表れてきます、決して手を抜くことのないようにしてください。
査定前の休日を一日使うだけで、5~10万円も得するのだと考えると掃除しない手はありませんね。
掃除は、室内であればシートのお尻部分の細かいホコリの除去やカーペットの洗浄、ボディー周りであればガラス・ホイール・タイヤ・下回りにいたるまで徹底的に行いましょう。

 

車の査定額を上げる方策は以上の4点になります。
いずれもだれもが出来ることを、ほんの一手間かけるだけのものばかりです。
是非参考にしていただき、高額査定を勝ち取ってください。

 

 

>>当サイトのおススメ!一括車査定ランキングはこちら<<