車を高く売る

車を高く売る方法

もしアナタが愛車の売却を考えているのなら、少しでも高く売り抜けたいと考えるは当然のことだと思います。
だれしも車を購入するには、高額なお金を払ったはずです。愛車を売却するなら少しでも高価で買取ってもらえるよう工夫しましょう。

 

このページでは、アナタの愛車を少しでも高く売れるようにいくつかのポイントをお伝えしたいと思います。

 

自分で査定相場を決めつけない

アナタは自分で、自分の愛車の査定相場を「これ位かな?」なんて決めていませんか?

 

例え決めていなくても、査定してもらう前から「年式が古い」「人気のボディーカラーや車種ではない」「走行距離が多い」など、マイナス要素ばかりに意識していませんか?

 

愛車を高く売りたいたいのなら、このような決めつけやマイナス思考はやめましょう。

 

車の査定は、市場が適正な価格で評価してくれます。キチンと正しい方法で査定を行うと、自分で決めつけていた想定価格よりも高価で売れてしまうことだって珍しくありません。

 

例え低年式・過走行でも、アナタの愛車が欲しい人は必ず存在します。
あきらめることなく、高価売却を目指しましょう。

 

自分の車の最低査定価格を把握する

「愛車を高く売りたい」と願っても、なにを持って高価とするのか?その基準を知る必要があります。

 

もし愛車の売却する理由が車の乗り換えなのであれば、新たに車を購入するディーラーに試しに愛車の「下取り」査定を依頼してみてください。
その時、出てきた最初の査定額を愛車の最低査定額として、その査定額よりもより高く売ることを目指していきます。

 

こうして査定額を算出しておけば、万一買取業者で高額の買取が成立せずカーディーラーに下取りに出すことになっても、より高価な価格を付けてもらう交渉のための価格基準とすることができます。

 

自分の車の現時点における最高買取額を知る

愛車の最低価格を把握すると同時に、愛車の最高買取価格も知っておく必要があります。最高価格の調べ方は簡単。わざわざディーラーや車買取店を回らなくても、以下のサイトを利用すればリアルタイムで愛車の最高額を簡単に把握することができます。

 

「便利なネット一括無料査定」

便利なネット一括無料査定」は、ネットから自分の愛車の簡単な情報を入力するだけで、メールで愛車と同じグレードの最高買取査定額を知ることができるサービスです。登録する全国各地の買い取り専門店から複数社の査定見積もりをとることができます。
その他、査定してもらった車買取業者に、自宅に出張査定を依頼することも可能です。
これはかなり便利!
もちろん無料で利用できるので、安心して使ってみてください。

 

「ガリバーのオンライン無料査定」
車買取のパイオニアが「ガリバー」ですね。超大手の買取専門業者なので、安心してサービスを受けることができると思います。ガリバーほどの大手買取業者になると、市場とは別の独自の流通経路や販路を持っています。コチラも是非参考にしておきたいところです。
ガリバーでは無料の代車サービスも用意しているようです。こういうところも嬉しいポイントですね。

 

これらのオンライン査定サービスは実車を見て査定を行う訳ではないため、必ずしも正確な査定額とは言い難い部分もあります。しかし複数の業者を争わせて買取価格の最高額を算出させるため、愛車売却額の目安とすることはできます。

 

実際に愛車を査定してもらう

現時点における自分の車の最低・最高の売却価格を調べたら、実車の査定に進みましょう。
上に表記しておいた、査定サイトで最高額を提示した業者から順に自宅までの出張査定を依頼しましょう。出張査定は、都合が許す限り複数の業者に依頼するようにしましょう。

 

なぜなら各社の査定基準は微妙に異なり、その時その時点において欲しい車種が同じではないからです。また出張査定を受けたからといって、必ずその業者に売却しなくてはいけないという訳ではありません。ご自身が納得できるまで、じっくり査定してもらいましょう。

 

軽自動車や不人気・過走行の車の場合

アナタの愛車が、不人気車種・過走行でしかも軽自動車なら・・・
そんな時も心配は無用です。

 

現代の自動車販路や流通網は、日本国内に止まらず海外も視野にいれたものになっています。「色」「グレード」「走行距離」などは、国や地域・使い方によってその基準が異なります。仮に「白い」車が日本での人気車種だとします。しかしこれはあくまで日本での人気であって、多くの国では「白=幽霊」の連想で、まったく人気がなかったりするのです。同様に走行距離に関しても、日本は世界の国土面積ランキングで244国中62位、世界の陸地面積のわずか0.25%しかありません。また国境を、車で超えることができないため、乗用車の場合どうしても1年=1万キロ前後が走行基準になってしまいます。

 

しかし世界では陸続きで国境を接している国が大半なため、この基準はまったくあてはまりません。ヨーロッパなど大陸国では、30000Kmまでは馴らし運転の範囲とするのが当たりまえだったりします。安心して査定を受けましょう。
またどうしても、価格が付かないというのならYahooオークションなど、ネットオークションを利用するのも一案です。ただしネットオークションは、原則個人売買になりますので、その点だけは十分な注意が必要です。

 

 

>>当サイトのおススメ!一括車査定ランキングはこちら<<